Youtube連動 海外ドラマ情報

にゃんぐりらTIMES

チェルノブイリ

チェルノブイリ 3話感想 死との境目では皆、勇敢すぎます

投稿日:

こんにちは!
ぱんちょです。

もう第3話なのですね。
このドラマは全話数が少ない(全5話)ので、はやくも悲しい気持ちになってきました・・・。

まとめ
チェルノブイリの視聴方法を詳しく知りたい方はコチラ!スターチャンネルEXについても説明しています!

こんにちは!ぱんちょです。 多分・・・2019年最大の話題作・・・いや正確に言うと最大の「実績を叩き出したすごい作品」ですね。 このHBOのドラマ「チェルノブイリ(chernobyl)」を視聴しないわ ...

続きを見る

ではさっそくですが、この第3話のレビューです。

 

元気そうに見えた消防士のイグナテンコ

消防士で事故発生直後に何も知らずに消火活動をしていたイグナテンコが再びクローズアップされましたね。

元気そうに被ばく仲間とトランプをしていましたが、それも現代ではこの症状(放射線の被ばく)はこんなもんじゃ終わらないって理解できます。

一見元気そうな彼と抱き合った妻・リュドミラ。ただそこで不安そうなSEとスローモーション表現・・・。

これはかなり不吉な表現です。怖い。

彼はこの第3話の中でも時間を追うごとに体が崩壊していきました。
最初は顔が赤く、皮膚がやけどしてるな~くらいだったのに。

このイグナテンコにべったりだった妻のリュミドラはどうなるんでしょ?
怖いですね。オチが付いちゃうんですかね?

リュミドラ以外の病院の看護婦たちも同様です。

ネットで情報も調べられない時代って、隠蔽されると本当にどうしょうもないのがわかります・・・。

 

ソビエト製のリンゴ4等分機は自虐ギャグ?

炭鉱で働いている工夫達がチェルノブイリに派遣されました。
事情はちゃんと説明されませんでしたが、重大事なことには気づき、自ら向かっていきました。
男らしかったですね。炭鉱相なる人物には皮肉としてスーツを石炭まみれに汚しましたが。

ここでこの男たちは「リンゴ4等分機」なる謎のネタで盛り上がってましたね。
石炭で轟音を発しながらリンゴを切ってくれるマシンのことで大笑いしていました。

まぁもちろんこの時代だったとはいえ、こんな無駄な機械が存在するわけもなくw
これはこの男たちのシュールなギャグだったんでしょうかね。
無駄な労力を多大に使って、行われることはリンゴを切るだけ・・・という。

それに「ソビエト製」ってわざわざ付け加えているので、男たちはこのソビエトという組織に相当な不満がたまっていて、さらにバカにすることが定着しているのでしょう。

社会主義に住む人の気持ちはイマイチ良くわかりませんが、全てが自己責任となる資本主義と比べて・・・遥かに自分を管理する団体に対して不満が噴出するのでしょうね。

日本のような資本主義であれば、とっとと転職しちゃえばいい話ですが。
社会主義だとどうなんでしょうね?転職なんて簡単にできるものでもないのでしょう。

※調べてみたらこの時代のソ連にはほとんど転職はなかったようです。あっても賄賂などによるものではないかということ・・・。

 

実直なバカ

現場作業員からの情報を直接聞くために病院で聞き込みをしていたウラナ(ホミュック)がKBGに逮捕されました。

もちろんですが、KGBであってもこの原発事故の全貌は分かっているハズでもなく、KBGの末端が受けている命令としても「国家のためにならないような行動をとったら逮捕しろ」これだけだったと思われます。

そんなウラナを返して欲しいとKGB副議長にお願いした、核物理学者のレガソフ。

一緒に居た環境相のシチェルビナが、そんな思い切った行動に出たレガソフを珍しく褒めていましたね。もしかして初めて?

「今の君は良かった。実直なバカに見えた。実直なバカは脅威じゃない

確かに。

政治家になんて実直なバカは一人だっていないんでしょうね。
みんな言っていることと行動が違う。大事な事は口にも出さない

まさにシチェルビナ自身がそんな感じで生きているので、実直なレガソフをこのように評価できたのでしょうね。ずっと一緒にいて、レガソフが真面目なことは十分に理解できていたと。

ちょっとシチェルビナにもこの実直さは伝染しているような気もします。炭鉱夫の質問にもちゃんと「私にはわからない」って正直に答えてましたしね。。

 

事故の原因は・・・このあとわかるの?

ウラナが病院でまだ生きていた作業員から、非常停止ボタンを押したことまでは聞き出せましたが、それ以上の情報は聞き出せませんでした。全員死んでしまいましたから。

こうなると話はやはり第1話の冒頭で事件の犯人としてヤリダマに挙げられていた・・・事故発生時のチェルノブイリ原発の責任者だったディアトロフに向かうんでしょうか。

でも、ディアトロフも事故発生後に現場に向かって、爆発で吹き飛んで無くなっていたいた原子炉を見て呆然としていた表現がありましたので・・・体は大丈夫なんでしょうかね??

これからディアトロフが再度登場してくるとしても、こうなってくると扱いが非常に複雑な気がします。

第1話の冒頭にあったメッセージとしては

「人々の関心は”誰が英雄か”ではなく、”誰が悪いのか”だけ」

ですもんね。

本当に事故の原因の全てがたった一人の行動のせいだったのか?
そのあたりを今後の残り2話で追及していくのでしょうか。

ああ、毎週1話ずつ配信ていうのはもどかしいですねw

このまま続きが配信されているのであれば、すぐに見るのに。この興味の深さであれば第4話だけでもなく最終話まで一気見しちゃうでしょう。
それくらいに話に興味は尽きません

事前に聞いていたこのドラマの評価っていうのは、確かに間違いなかったですね。

私はゲームオブスローンズは最後までちゃんと視聴しましたが、そのゲームオブスローンズ以上の評価っていうのは間違いなく納得できます。まだオチは分かりませんが。

(あとゲームオブスローンズの最終章の結末がちょっと不評だった、、、というのも理由としては強くありそうですがw)

HBO凄いですね~。ドラマ面白いですね~。

今までこれといってHBOを気にしていませんでしたが、このチェルノブイリとゲームオブスローンズの2作によって、私の中では興味が一気にトップレベルの高さになりました。
これから色々なドラマも見てみたいと思います。

 

まずはその前にこのチェルノブイリの結末ですね。
あと2話。

待ち遠しいです。

-チェルノブイリ
-,

Copyright© にゃんぐりらTIMES , 2019 All Rights Reserved.