ウォーキングデッドシーズン10

ウォーキングデッド10-14話 ベータの正体はキムタク!?・・・ネタバレ感想

2020年3月30日

ウォーキングデッド10‗14話

AMCより

今回は第14話です。

シーズン10も残りは15話、16話の3回です!

 

ですが・・・

すでにご存じでしょうか、最終話である16話はコロナによる編集遅延の影響による放送の延期がすでに発表されています。

延期!
放送延期ウォーキングデッド
シーズン10最終話(16話)の放送延期が正式に発表されています・・・

こんにちは! ぱんちょです。 ちょっと衝撃的というか、悲しいニュースが入って来たのでご報告がてら記事にしています。   その内容はもうご存じでしょうかね、こちらです・・・   Co ...

続きを見る

 

撮影自体は終わっているということなので、影響は少なめのようです。

残念ではありますが、スタッフに無理は強いないで欲しいです。どうやら安全第一で進行されているようなので安心です(*´ω`*)

 

 

それでは第14話を振り返りましょう。

 

いつものことですが、感想なのでネタバレを含んでます。
まだこの第14話を視聴していないよ~って人は見るのはご注意くださいね。

 

ウォーキングデッド、まだどこで視聴するか迷ってるよ~、という方はこちらを参考にしてくださいね。

まとめ
ウォーキングデッドシーズン1~10の動画の配信状況のまとめ!

ウォーキングデッド最新シーズン(シーズン10)を一番お得に視聴するには? ウォーキングデッド最初(シーズン1)から視聴するには?   現在はシーズン10後半の途中です!15話までの配信がすで ...

続きを見る

 

 


 

キャロルとニーガンの前日譚

前回のラストで、アルファ暗殺の黒幕がキャロルであることが判明したあと。

私はこれまでのニーガンとキャロルの接点をもう一度見返してみたんですよね。

シーズン10のニーガン脱走前後から。

ブランドン殺害のあたりとかもw

 

実は何かこの計画のヒントがあったんじゃなかったのか?と思って(*´ω`*)

 

でも・・・、

 

それらしき行動は一切ありませんでした

 

ここまでの表現はどちらかというと(私もひっかかっていましたが)、ダリルとニーガンが裏で通じ合っている風にドラマでは見せかけていたんですよね。

 

リディアが「私がニーガンを逃がした!」と言っても、即答で否定していましたし。

その否定も自信満々だったし。

キャロルが「村のみんながニーガンを気にしているけど」と尋ねてみても、即答であんな奴どうでもいいと投げ捨てましたし。

 

なんかダリルが隠しているっぽいな~、わざとニーガンの話を避けているな~、と思える言動。

 

ミスリードを誘っていたんでしょうね。

でも、まんまとひっかかりました!というか。

黒幕はダリルではなくキャロルでした。

 

そしてこの14話にて初めて、その取引時の様子が表現されました。

 

この会話については、ちょっとどうだったんでしょうかね。

ここらへんは個人的な感想なんですけど、最近のキャロルのキャラがあまりにもヒステリックになりすぎて・・・ちょっと印象が良くありませんでした。

ちょっと前にこれまでのキャロルの言動を調べていたから、なおさらのことなんですよね。

その記事はこちら。

まとめ!
キャロル名場面名セリフ1-5
キャロルの名場面と名言ベスト9!

こんにちは! ぱんちょです。 この企画の第2弾はキャロルに焦点をあてました。 もはやシーズン1から登場しているのはダリルとこのキャロルとローリのお腹の中にいたジュディスの3人のみ。 「キャロルの名場面 ...

続きを見る

 

キャロルって最近こそちょっとオフザケ気味にというか、必殺仕事人というか、ターミネーターというか・・・

冷血な無敵キャラ」

に表現されていましたが、元々冷静に物事の「メリット・デメリット」を感情に任せることなく判断できていたキャラです。

インフル患者の焼却、リジー(ミカの姉)の殺害、救世主の生き残りのせん滅。

決断したら即実行するために冷たさを感じるほどではありましたが、あくまでも自分の感情ではなくて皆の命を守るために行った行動です。

 

インフル患者(死者)を即座に焼くことまでは必要なかった?

リジーからずっと目を離さなければよかった?

救世主ともっと話し合いをしてもよかった?

 

キャロルからすれば、これらも考えはしていました。でも結論としては

こんな猶予を与えたら、さらに被害が出てしまう」

と判断したからこその、非情な行動でした。

 

それくらい、キャロルは強い女性でした。

 

でも!

最近のキャロルは、もう言葉で言うのであれば

単なる「復習の鬼」。

 

もうどうしようもない存在になっていましたね。

ニーガンに「失敗したら子供たちも巻き込まれる」

と一度は拒否されたのに、それでも押し通しました。

でもなんだか、この時のキャロルは奥歯で苦虫をかみつぶしているような演技をしていました。

これがキャロルの気持ちなのか、キャロル役のメリッサの気持ちなのかはわかりませんけど・・・。

 

感情的な行動を起こしては、その都度だれか別の人を死なせてきてしまっているロジータと同じです。

今回のキャロルの行動がどうだったか?は複合的なので判断しづらいですが、うまくやっていれば前回命を落としたアールやガンマあたりは救えていたかもしれません。

 

この14話で表現されたニーガンとキャロルの会話も、完全にそのダメなキャロルの流れです。

キャロルの瞳の中には皆の命ではなく、たんにアルファに対する復讐の炎しか映っていないように感じます。

キャロルって、こんなキャラじゃなかったのに。

アルファを殺せばこの戦いは終わる、って考えての行動なら理解できますけど。

そんな風ではないですよね。

作戦の思慮もまったく足りていません。

 

感情的に行動するなら、元の旦那と同じですよ・・・。

 

 


 

結局アルファの首を晒した理由も解らず・・・

アルファの首を境界線にさらすことに、何か意味があるのか?

と思ってみていたのですけど、やはり何も無いようでした。

ニーガンに「これが望みか?」と聞かれ、

なんだか小さくウン、ウンとうなずいていましたが。

 

敵とはいえ、今や仲間として大切に扱っているリディアの血の繋がったお母さんをですよ?

前回もリディアと2人で会話して、リディアごとアルファを恨んでいるわけでも無さそうだったのに。

だからといってこの晒し行為が「何らかの作戦」になっている風でもなく、単純にベータを怒らせただけ。

怒ったベータを何か罠にでもハメる段取りでもできているのであれば、それはキャロルっぽいですけどね。

 

なんだか本当に無理を感じます。

ここまでシーズン1から作ってきたキャロルのスタイルを全部壊しているように感じます。

やはり・・・

いつの間にか無敵になりすぎたキャロルを、無理矢理にでも壊しに行っているように感じます。

 

本来であれば、リックやカール亡き後のジュディスの親の代りをキャロルに与えてあげればよかったのでしょうけど。

その役目はミショーンに与えてしまいましたからね。

そしてそのミショーンも卒業してしまいました。

勿体なかったですね・・・。

 

ミショーンも卒業する時にジュディスとRJをダリルに託していましたけど、せめて母親同士としてキャロルに託す配慮でもあればよかったのですけど。

それはダリルに託されたということは、やはり今後のキャロルは?と考えると怪しいと感じますね。

 

このゴタゴタ、ヒステリー行動、無理矢理ストーリーの中心に持ってこられている感は

燃え尽きる前の花火のような最後の輝き」

 

である・・・と考えれば、かろうじてしっくりと来るのですが、いかがでしょうか。

 

亡霊となっていたアルファがキャロルに言っていた言葉

あんたの望みは?」

が、これらすべての答えなんでしょうね。

 

なんだか悲劇の前触れに感じます。

 

 


 

ダリルは結局、今回はピエロ役?

まったくいい部分が無いですね。シーズン10のダリル。

黒幕だったキャロルのミスリードに使われたので仕方ない部分はあるのでしょうけど、本当にウロウロしているだけの役をやらされています。

  • アルファの首を取ったキャロルに、その作戦を打ち明けられていない(ニーガンにもここを同情されたw)
  • 囁く者(ウィスパラーズ)に対して、結果やられっぱなし
  • アルファを追い詰めたのに、逆にボコボコにされる(挙句リディアに助けてもらう)
  • 悪乗りしたニーガンにひざまずかされるw
  • 洞窟に閉じ込められたコニーの事おぼえてるの!?
  • ミショーンに北上の相談すらしてもらえない
  • ベータとの宿命の対決も、なんだか無さそうな・・・
  • そもそもをどこにやった!?

本来であればダリルが行方不明のコニーを探す熱量はドラマでもっと表現されるべきだとは思うんですけどね。

なんだかシーズン10の前半がダラダラしてしまったのが、ここに来てダリルの表現に被害を出しているように思います。

ダリルだけじゃなく、マグナもユミコもルークも、妹のケリーですらも、コニー捜索に対してなんだか熱量が足りないカンジがします。

それこそシーズン2でのソフィア行方不明くらいの重大事が起こっている最中だと思うのですけど・・・。

 

どう考えても今からでは尺不足ですよね。

前半にダラダラとしている展開が多かった分、こういう部分は悲しいですね。

この13話ではベータ周辺の描写も多く表現されていましたけど、なんだかコニーをとらえているとか、だからコニーを人質にしようとか、そういった部分はまったく感じませんでした。

スタッフもコニーのことは忘れちゃっているのかな~。

だとしたら、あの穴の崩落のストーリー自体が無くてもよかったのでは・・・。

 

この雑な扱いによって、コニーの命は黄色から赤色の危険信号に変わってしまった気がします。

盛り上げていこうって気配がないですから・・・。

この先どこかでウォーカーになったコニーを発見して泣きながら殺す、くらいの扱いで終わったら悲しいですね。。

 

次のページへ >

  • にゃんぐりらTIMES管理人

ぱんちょ

このブログの管理人です 2020年も充実した日々にしていきましょう! たまに見てくれると嬉しいです(*´ω`*)

応援ありがとう!!ブログランキング参加中

-ウォーキングデッドシーズン10
-

Copyright© にゃんぐりらTIMES , 2020 All Rights Reserved.