名場面&名言

リック名場面&名言 ベスト29!シーズン1~5 ウォーキング・デッド

2019年12月28日

リック名場面名セリフ1-5

AMCより

こんにちは!
ぱんちょです。

2020年に公開されるかも!?という噂の劇場版ウォーキングデッドを迎える前に一度まとめておきたかった企画です。

題して「リックの名場面&名言 ベスト29!」 キタ――(゚∀゚)――!!

 

順位と内容は全て当サイトの独断で選出しております。
もちろんネタバレなので、まだドラマを見ていない~、なんて人は注意してくださいね。

 

なんで29なんて中途半端な数字?」という疑問も感じますが、深い理由はありません。
名場面や名言を並べていったら、その数は29にもなってしまった・・・というだけの理由です。

さすがリックはすごい奴だぜ!

 

またあまりにも多いので、今回は「シーズン1~5」での名場面と名言をピックアップしています。
(もちろんシーズン6~10も後日発表予定です)

 

それではいってみましょう!

リック(アンドリュー・リンカーン)の名場面&名言!

まずは21位までです!

 

21位~29位

順位2921

 

29位 モーガン息子に一撃でKOされる シーズン1-1話

思えばここからのスタートです。

病院で治療中だったはずなのに・・・訳の分からないまま、リックは自宅傍でモーガンの息子(デュエイン)の不意打ちで気絶します。

まだ世界の変化に気づいていなくて茫然としていた状況ではあったでしょうけど、小学生程度の子供に気づかないで背後からの一撃で気絶させられるとは・・・。

最初からリックは「完璧で優秀なヒーロー」として描かれていないんですよね。まったくもって。

 

 

28位 CDCでジェンナー博士から謎の真実を聞く シーズン1-6話

制作時はとにかくおためしのシーズン1でスタートしてますからね。

このドラマって人気が出るのかな?出なかったら即打ち切りだね。

そんな製作者にとっては期待を込めて、この謎(ジェンナーは何をリックに告げたのか?)をシーズン2以降に残したのが素晴らしい仕掛けでした。

結果的に視聴者の興味を引いくことに成功して、現在までの人気ドラマとなることにつながっていますね。

よかった!

ちなみに、このジェンナーから聞いた真実を、みんなに事実を伝えたのがシーズン2の最終話でした。結構あとですね。

その内容は・・・ぜひもう一度シーズン1&2をご覧ください!見返すのも面白いですよ(*´ω`*)

 

 

27位 「完璧だ!」 シーズン3-1話

安住の地を求めてさまよっている中、鉄のバリケードで何重にも囲われた刑務所を見つけて

「完璧だ!」

何度も言っているのでよほどうれしかったのでしょう。

視聴している私たちも、ここでこれまでの緊張感が一気に解放された感がすごかったですよね!

このバリケードを見て「完璧だ!」ってうんうん、と感動してしまいます。

 

 

26位 平和な街でDV男を対処できない シーズン5-15話

平和に見えたアレキサンドリアも、住人同士のいざこざは酷いものでした。うーん、人間て本当にどうしょうもない・・・w

妻にDVを続けるクソ男のピートに対して、街の治安をまかされたリックはうまく別居をすすめる立場だったのですが・・・。

途中で感情がブチ切れて、そのDV男をボコボコにしてしまいます。

さらにリックは止まらず、あげくには街やリーダーのディアナをボロクソなまでに暴言まで吐き始める始末。しかも長いw

 

ギリギリの地点でミショーンが気を効かせてリックをぶん殴って気絶させて場を落ち着かせますが・・・。

うーん、リック。

やってはいけない行動や、口にしてはいけない暴言のオンパレードだったぞ・・・。

 

 

25位 初の殺人 シーズン2-8話

初期のリックは殺人に対しては気を使っていました。

そんなリックが最初に人間を殺したのがここ。

意外と遅いですよね。シーズン2の中盤でした。

場所は酒場で出会った男たち。

ハーシェルと酒場で飲んでいる時に偶然遭遇した男2人組。

最初は友好的な態度の男2人だったが、ハーシェルの農場を奪い取ろうとした気配を察知し・・・ここからリックが吹っ切れます。

保安官らしい拳銃の早打ちでした。

 

24位 キャロルに実力の違いをみせられる シーズン5-1話

線路伝いにたどり着いた終着駅(ターミナル)でリック達は食人グループに捉えられてしまいます。

それを解決したのは、単独行動をとっていたキャロル。

リックは解放後、この事件が解決できたのは全てキャロルのおかげだったのは流れから理解していた模様でちゃんとお礼を言っています。

「君だったのか ありがとう」

 

キャロルは結果的にひとりでこの終着駅の施設を爆破し、女リーダーを暗殺し、ジュディスの保護にも成功。

「話せばわかる派の建前のリック」「やられる前にやれ派の実力行使のキャロル」

この2人の姿勢を離別という形でキッチリ描いておきながら、最後はサクッとキャロルの行動に軍配を上げるのはアメリカだから?

日本だとリックの言うようなグダグダ公平感がオチになりそうなところだけどw

 

23位 初の内臓塗りたくり作戦 即雨で流される シーズン1-2話

初期の名シーン。

ウォーカーは死臭で人間とウォーカーの区別をしている!

という仮定までたどり着きました!

そこから内臓を自分たちに即塗りたくるまでは素晴らしかったけど・・・。

なぜ、その作戦開始から1分程度で大雨が降ってくるのかw

 

空模様くらい注意しようよ、まだ100mくらいしか歩いてないよ!w

内臓塗りたくり作戦をその後に乱発しないのは、

内臓を塗るとすぐに雨が降ってくるから、危ない!

ってみんなで学習したのでしょう。きっと。

 

22位 ガバナーにハーシェルを殺される シーズン4-8話

ガバナーとの最終戦争になる直前の印章的な悲劇シーン。

平和、協力を口にして、なんとか戦争を避けようとするリック。

でもガバナーは結局リックを信用できずに、ハーシェルを殺害してしまいます。

 

たしかにそれまでの「よそ者をまったく信じないリック」を知っていれば、まぁここでリックが何を言おうが信じられる人はいないでしょう。

ガバナー「(あいつは絶対に和平を結んだ瞬間に俺を殺すだろうな・・・)」

って思っていたと思われます。

あ、これって、後のシーズンで対立したあの敵リーダーにも言われたことでしたよねw

変わらないし、みんなに底を見抜かれまくってるリックw(それが愛されリーダーである理由なのかもですが)

 

 

21位 ガバナーとの殴り合いのケンカを挑み、負ける シーズン4-8話

ガバナーとの最終戦争において、実はなんと不意打ちからガバナーへ攻撃することにリックは成功しています。

しかしこの時の攻撃は銃撃ではなくなぜか打撃。

ガチな殴り合いのケンカを自ら挑んでおきながら、結果、ガバナーに反撃されてボコボコに。残念なほどに完敗。

殺されかける直前にミショーンの助太刀でリックは命を救われます。

リックの行動ってこういう結末ばかり・・・w

ガバナーもこの後、仲間に射殺されているのでリーダーとしては結果的にはどっちもどっちでしたけど。

次のページへ >

  • にゃんぐりらTIMES管理人

ぱんちょ

このブログの管理人です 2020年も充実した日々にしていきましょう! たまに見てくれると嬉しいです(*´ω`*)

応援ありがとう!!ブログランキング参加中

-名場面&名言
-,

Copyright© にゃんぐりらTIMES , 2020 All Rights Reserved.