Youtube連動 海外ドラマ情報

にゃんぐりらTIMES

ゲームオブスローンズ 第8章

ゲームオブスローンズ 第8章 闇の王に対抗できる戦力は!?

更新日:

こんにちは!ぱんちょです。

ゲーム・オブ・スローンズはいよいよ次の第8章で完結となるとされています。まだまだこの物語については多くの謎が残っていて、ファンの皆さまも早く観たくて仕方がない状態になっていると思われます。私もそんな一人ですw

壁の崩壊でいよいよ全面戦争へ

壁を破壊したのはデナーリスのドラゴンのうちの一人「ヴィセーリオン」です。デナーリス・ターガリエンのあの兄、ヴィセーリス・ターガリエンから受け継いだ名前を名乗っていたドラゴンですね。名前からすると三匹の中では一番弱そうですが…実際はとてつもない強さですよね。いとも簡単に堅固であった壁を破壊してしまいました。壁が崩れたことによりものすごい数のホワイトウォーカーたちの大軍がどんどんと南下を開始してきました…。

全人類で戦ってほしいが…

人類として一丸となってこのホワイトウォーカーたちに立ち向かっと欲しいところではありますが、どうもサーセイ・ラニスターにとっては、この緊急事態よりも自分の都合のほうが大事なようです。ここでサーセイに愛想を尽かしたジェレミーはカッコイイですね!

ジェレミー以外にもゲーム・オブ・スローンズには魅力的な戦士は多数います。闇の王やホワイトウォーカーに対して県や弓での攻撃は足止め程度の威力にしか効きませんが、効き目があるヴァリリア鋼の武器さえ多数準備ができればなんとか食い下がれるものかもしれません。

作成した動画でも主にこの部分についてのまとめ(妄想?)をしていますので、ぜひご覧下さい!

剣士同士での戦いがこの大群との乱戦で綺麗に見ることができるかはわかりませんが、なんとか各剣士たちには見せ場を持たせてやって欲しいものですね。

まずはウィンターフェルで激突があるか!?

ドラゴンの圧倒的な火力を知ると、その眼前に兵士達を並べる戦略をとることの愚かさが理解してしまうと思います。ジェレミーが一番その恐怖を味わっていますね…。

壁が無くなり、ホワイトウォーカーの進軍を止める地理的な要素はもはや無くなってしまいました。ここからはなんとか人間たちの戦略によって跳ね返していくしかありません。

まず、ドラマ的には闇の王が乗ったドラゴンが単身で一気に攻め込んでくることは、見せ場作りのためには無いことでしょう(これはこれでどうなるか楽しみですが)。恐れを知らないホワイトウォーカーたちが地理的にはウィンターフェルへとなだれ込んできます。ウィンターフェルにいるサンサやアリアはいったいどうやってこれを阻止できるのか。

ウィンターフェルにはまだジョン・スノウもデナーリスも到着していませんね。王都への交渉からの帰途にいるはずです。こんなタイミングでホワイトウォーカーの大群が攻め込んでくるのですから、ある意味…うまく出来すぎています(笑)

ホワイトウォーカーの大群に対してはさしものアリアであっても対応できそうにありませんので、ここでは何かしらの見せ場がありそうです。サンサ、もしくはアリアの命をかけた行動があるのかも…

ドラゴンVSドラゴン いよいよ激突!?

その次はいよいよ本当の戦いとなるでしょう。ジョンやデナーリスとドラゴンが立ち向かう展開となるはずです。闇の王やヴィセーリオン(ドラゴン)が居なければ、デナーリスのドラゴンで一網打尽にできそうでしたが、いったいどうなっていくのでしょう。

ドラゴンとドラゴンが対面してしまいそうなのも興味深いですね。闇の王に奪われたのが一番弱そうな名前のであるヴィセーリオン(デナーリスの兄の名前)なのが不幸中の幸いだったのかもしれませんが…。

個人的には、この攻撃方法はホワイトウォーカーにも通用するんじゃないかな~と思っているのですが、どうでしょう?

ワイルドファイア!

これをありったけ全部打ち込むことができれば、さすがに木っ端微塵にできるんじゃないでしょうか?どこかで活躍してくれそうですよね!

 

まだまだ興味は尽きませんが、かつてない圧倒的な相手を前にどんな展開をみせてくるのか。ゲーム・オブ・スローンズからはますます目が離せません!

ゲームオブスローンズが現在どこで視聴可能かをコチラにまとめました。是非参考にしてくださいね!

第6話感想
5月20日(月)に放送された第6話の感想!いよいよラスト!

こんにちは!ぱんちょです。 楽しかった時がとうとう終りました・・・。 今まで本当に・・・私にとってGOTこそはまさに史上最高傑作ドラマの一つです。 この感想ブログは実はまだ開始して間もないんですが、そ ...

続きを見る

使用している画像はHBO様の引用です

-ゲームオブスローンズ 第8章
-, , , , , , , , , ,

Copyright© にゃんぐりらTIMES , 2019 All Rights Reserved.