ウォーキングデッドシーズン10

ウォーキングデッド スマホの文字「もう少し信じてみて」は単なるおふざけ!?

2020年3月29日

スマホとPPP

AMCより

こんにちは!
ぱんちょです。

今回は特別企画です(*´ω`*)

 

その内容はこちら

 

スマホに書かれていた日本語には、実はあまり意味がないのでは!?」

 

という私個人の素朴な見解です(*´ω`*)

・・・・・(*´ω`*)

・・・(*´ω`*)

 

ホント、私個人が思っただけですw

 

私の中で勃発した疑問というか、疑惑なのでご了承ください。

 

その原因となったのはこちらの出来事を思い出したからです。

 

 


 

シーズン7の第6話「浜辺の村」のもやもや・・・再び

シーズン7の第6話でも同様の

「文字によるメッセージ」

があったんですよね。

 

今でもウォーキングデッドの謎として、解決されていない問題です。

 

その場面はこちら。

ppp

 

じゃじゃーん!

 

これ、覚えていますか!?

 

ppp3

 

アップにしてみました。

これ、思い出しましたか!?

 

 

そう、今となっては誰もが「いたずら」としか考えなくなってしまったネタではありますが、当時はかなり話題となった表現です。

 

内容はこちらでしたね。

シーズン7の第6話「浜辺の村」で登場したPPPカードの謎

  • オーシャンサイドのそばでタラとヒースがウォーカーに囲まれた
  • 混戦の中、ヒースが行方不明になる(どこかへ行ってしまう)
  • タラがヒースのメガネを見つけ、その先に車のタイヤ跡を見つける。ヒースが何者かに連れ去れた気配?
  • その現場には「PPP」とだけ書かれていたカードが落ちていた
  • タラはそれを見つけるが、その後は特にヒースについての捜索はしていない

 

これ、この表現からすでに3シーズンが経過していますが、結局はこの表現について何も解決していません。

 

 


 

「PPP」の意味を世界中のみんなが推測しましたが・・・

世界中のウォーキングデッドのファンは、この「PPP」の意味を色々と推測しました。

 

うーん、何でしょう?

唐突にメッセージとして表現された「PPP」。

当たり前ですが、全員が全員、深い意味があるものと思い興奮したものです。

もちろんですがこの「PPP」は原作の漫画には登場していない表現だったため、ドラマのオリジナルの表現であると予想されたんですね。

 

その時期に考察されて、あり得そうと言われていた予想はこちらだったと覚えています。

 

PPPの意味は?(一番有力だった説だった気がする内容)

  • 譜面につかわれる「ピアノピアニッシモ」ではないのか?
  • ピアノピアニッシモとは、ピアニッシモ(非常に弱く)よりもさらに弱くという意味
  • すなわち、「とても小さい音」
  • この時期まだドラマでは登場していなかった「囁く者(ウィスパラーズ)」を示唆しているのでは?
  • 囁く者(ウィスパラーズ)はとても小さい声で会話をするため

 

こんな内容が有力視されていたようなカンジですね。

 

たしかに、当時はまだ囁く者(ウィスパラーズ)はドラマには登場していませんでしたが、原作にはすでに登場していました。

なので、この案はかなり有力視されていたんですね・・・w

 

今になって思うと囁く者(ウィスパラーズ)って、このシーンでヒースを車でさらうような相手ではありませんよねw

囁く者(ウィスパラーズ)が車を操縦するような設定にまでは原作から改変されませんでした。

 

 

ちなみにまだ当時は私はブログを作り始めていなかったですね。

でも、ブログを作り始めた後に記載したのだったか?ユーチューブの動画に書いたのか?どこだったかは忘れてしまいましたが「私の予想」はこんなカンジだった記憶があります。

 

PPPの意味は?(私の予想していた内容)

  • PPPはそのまま翻訳(一番使われている意味合い)だと、「Public Private Partnership」という言葉
  • Public = 世間一般的な、大衆的な、公的な
  • Private = 個人的な
  • Partnership = 協力
  • すなわち「政府クラスの意味合いを持つ、個人的な契約の都合」という皮肉やグチでは?

 

こんなだったと思います。

今見てもちょっと「公的な=政府クラスの」ってのは強引ですねw

当時、ヒース役だったコーリー・ホーキンスは超期待されていたドラマ「24:レガシー」の主人公に抜擢されて、そちらに拉致(撮影スケジュール的に)されたからwという、TWD制作スタッフたちの自虐ネタなんじゃないかという予想でした。

スタッフにはどうすることもできない、上層部と役者さんとの契約に、せめてグチとしてのメッセージとして入れた表現なんじゃなかろうかと・・。

 

まだ当時はウォーキングデッドの制作も厳重に管理していたと思いますし、今みたいに放送前にネタバレを自分からしていくことなんてありませんでした。

だから毎週ハラハラもできていたので、まぁ自分のこの予想も、ふざけすぎかな~、と自分でも思うくらいだったのですけどねw

 

でも今になって思うと、かなり近いセンを予想していたのかもしれません。

このヒース(コーリー・ホーキンス)の扱いでとった手法(殺さなければまたいつかドラマに帰ってこれる)が、後日のウォーキングデッドのグタグタを招いてしまった感もありますね・・・w

ドラマにとって非常に意味があると思われていたこのメッセージも結局、未回収なネタとして現在では埋もれてしまいました。

 

 

今になってこのシーズン7の第5話見返すと、さらにおかしく感じる表現もありますね。

それは

PPPの札を見つけたタラが、その後まったくそれを他の人に伝えていない

PPPの札を見つけたタラが、何故かその場で半笑い

 

タラとヒースはそんなに面識があるキャラ同士ではありませんでした。

ヒースはアレキサンドリアの原住民でしたからね。最近知り合ったばかりといえる程度の2人でした。

とはいえ、さすがに行方不明になるわ、なんだか車でさらわれたっぽいわ、のヒースの現状を誰にも報告もせずに慌てもしないのはおかしすぎますね。

 

でもこれは今となってはおかしく見える表現ですが、当時はとくに詳細な表現が無なかっただけに感じていたんですよね。

この「PPP」はきっとこの後でタネ明かしされる・・・そう期待していました(遠い目)

 

次のページへ >

  • にゃんぐりらTIMES管理人

ぱんちょ

このブログの管理人です 2020年も充実した日々にしていきましょう! たまに見てくれると嬉しいです(*´ω`*)

応援ありがとう!!ブログランキング参加中

-ウォーキングデッドシーズン10

Copyright© にゃんぐりらTIMES , 2020 All Rights Reserved.