フィアーTWDシーズン5

フィアーザウォーキングデッド5第11話ネタバレ感想 で、どこへ行くのだっけ?(2回目)

こんにちは!
ぱんちょです。

まだ見ていない人はこちらへどうぞ

徹底比較
フィアーザウォーキングデッドを見るなら!どの動画配信サービスが一番お得かをまとめています

こんにちは!ぱんちょです。 Contents1 「フィアーザウォーキングデッド」シーズン5(全16話)が日本でも配信開始しています!2 「フィアーザウォーキングデッド」Amazonプライムビデオの配信 ...

続きを見る

 

なんでストーリー展開の核心からすぐに脱線するんですかね!

テーマが「人を救う」なのは十分理解しているつもりですが、ここまでストーリー逸脱してテーマばっかりを表現されるとだんだんと悲しくなってきます。

シーズン4のマーサおばさんの展開に似てきた・・・。

 

みんなで早く石油取りに行こうよってば!

もうこれを紙に書いて壁にでも貼っておかなければなりませんね。

せっかくストーリー進行のきっかけとなった「石油」の登場から、まったくもって話しが石油に絡んでいません(泣

 

もう監督とかシナリオライターが完全にオタク向けすぎる。

キャラクター依存の作品臭がしすぎる。これは本家と一緒で、滅亡フラグだ。

話が面白い、とかはまったく追求する気が無くなってて、ひたすら「ぼくの考えたフィアー」の追求が始まってる。

 

こんなにストーリーの本筋と離れた話をダラダラと展開するドラマもウォーキングデッド以外にはないのではないでしょうか。

ほんとにキャラクター依存の作風すぎる展開になりすぎているように感じます。

 

モーガンが妻と息子を救えなかったトラウマから、みんなを救いたがっている??

 

それはそれで崇高な理念だと思いますが、延々とそれの表現にドラマを展開させられています。

まるでどっかのファンが書いた同人誌でも見ている気分になります。

 

なにかドラマとして楽しませようという姿勢を少しはかんがえてくれよ・・・と思うのですが。

 

 

フラグ全部放置

ドラマとしては面白く展開できる要素が、ことごとく放置されているんですよ

  • 石油はどうなってる?
  • ドワイトのシェリー探しはどうなってる?
  • アリシアの死亡フラグ(ウォーカーの体液を浴びた)はどうなってる?
  • 三ツ輪の軍団(ヘリの軍団)との絡みは?

これらがせっかくハラハラ展開でいいとこまで来ているのに、まるで放置してこの後半は11話まで終わってしまいました。

取って付けたようなショッピングセンターへの寄り道や、今回もあまり強い意味がなさそうなサブキャラの人生についての話になっちゃいましたし。

 

本家でもこういう横道への脱線が非常に目立つようになって人気が落ちてしまいましたが、その部分だけは色濃く遺伝してしまっていますね。フィアー。

ギンプルさんがこういう系統の単なるオタクなのかしら?

 

 

結局アリシアはどうなの?

ウォーカーの体液を浴びて、本来であれば死亡フラグ。

今回もその回想まで発生しているので、間違いなく死亡フラグ。

でもまだ誰にも告白もしていないし、そもそも深刻さもアリシアから感じないですよね。

これは本当になんなんだろう。

本家でカールがかまれてからは、ジュディスと最後の楽しいひとときを味わったり、みんなに手紙を書いたり色々していたのに。

 

このままアリシアが死んだとしても、もしくは感染していなかったというトンデモ展開が待っているとしても、どっちにせよ盛り上げる気配もありません。

そもそも視聴者はアリシアがウォーカーの体液をあびたことを覚えているのか。。。。

 

このあたりはフィアーっぽいといえば、フィアーっぽい雑さですね。

あまり深く考えるほうが負けなのかもしれません。

 

そろそろ石油を見つけに行きませんか?

次回の12話にて、いよいよ後半も半分が経過することになっちゃいます!

なんてこったい!

 

まったく話として展開している部分があるように見えないのですが、なんでこんなに時間稼ぎをしているのでしょうか。

これはもしや、本家やワールドビヨンドとの話のつじつま合わせをしているんでしょうかね?

矛盾が起きないように、そちらのシナリオが完成してからフィアーのシナリオを作っているのか?

 

それくらいの違和感を感じるこの後半の11話までですが、ほんとにこれはまいっちゃいますね。

 

 

本家がシーズン11で終了することが発表されました

そんなこんなで、この間に本家ウォーキング・デッドが次回のシーズン11にて完結となることが発表されました。

もちろんその後に映画版などは残されているのですけど、最近のグダグダっぷりを見ているとちょっとすっきりしない部分はあります。

思い返せば、本当に素敵なドラマをありがとう!という気分しか湧き上がってこないのも事実なのですが。

色々とグダグダも多かったのがちょっと残念でした。

残されているフィアーも、新しく始まるワールドビヨンドも、どちらもキャラドラマな色が強く出すぎていて、なんだかわくわくできないものになってきていると感じます。

元々ウォーキングデッドはキャラドラマではなく、世界観やウォーカー発生の謎、サバイバルの過酷さを面白く表現してきて人気となったドラマだけに、最近のキャラ頼り一色の制作姿勢には同意しかねる部分も多くあります。

実際に次回制作が発表されているスピンアウトはダリル&キャロルのストーリーらしいですし・・・面白ければなんでもOKですが、最近のこのノリ&出来上がった映像のクオリティを振り返るとちょっと不安、というはほとんど全部不安です。もうしょうがないのかな・・・。

 

ということですが、ここまで面白く展開してこなかったフィアー5期の後半、そろそろまた一気に盛り上がってくることを信じながら次回を見てみたいと思います。。

 

  • にゃんぐりらTIMES管理人

ぱんちょ

このブログの管理人です 2020年も充実した日々にしていきましょう! たまに見てくれると嬉しいです(*´ω`*)

応援ありがとう!!ブログランキング参加中

-フィアーTWDシーズン5
-

Copyright© にゃんぐりらTIMES , 2020 All Rights Reserved.