Youtube連動 海外ドラマ情報

にゃんぐりらTIMES

スターウォーズ

2005年作品! スターウォーズ エピソード3 シスの復讐 ネタバレ感想

投稿日:

こんにちは!
ぱんちょです。

いよいよ辿り着きました!
・・・と言ってもまだぜんぜん道の途中なんでしょうけど。

とりあえずですが初期の6作品!
原作者であるジョージ・ルーカスが監督をした6作品を全て見終わりました!

年末に上映されるっていうエピソード9(スカイウォーカーの夜明け)の公開までには、追いつけそうですねw
もちろんまったくもってのニワカなので、もっともっと理解を深めて行かなければなかなかファンだとも言えない程度なんだとは思いますが・・・。
ツムツムから得た知識だけの私はいよいよもって終了でしょうかねwこれだけは間違いないですw

CG背景ばかりで・・・

この映画の公開当時はすごかったんでしょうね!
2005年ていうと、これくらいの背景だってなかなかパソコンのレベルでは製作できないでしょうね。
今だったらこれくらいなんとかなりそうですがw

なんだかどのシーンを見ても、どれだけ話が進んでいってもCGの背景ばかり・・・
しかも今の時代からすると、前回もそうだったんですが・・・とにかくCGっぽすぎてなんだか逆に時代を感じちゃいます。

以前エピソード4~6でのロケで着ぐるみを着て戦っていた光景が懐かしいです。
むしろあれのほうが愛情を感じるので楽しかったですねw

でもこの新作エピソード1~3は本当にCGにたよりすぎていて、正直、映像にはまったく魅力を感じなかった・・・
そりゃ、今のリアル世界と違和感ないようなCGを見慣れていると・・・この時代のCGはやっぱりなんだかゲームの映像みたいに見えちゃいます。

このエピソード6はちょっとそれが顕著でしたね。
途中までは

「ああ、最後にしてこれが一番出来が悪い・・・」

とまで思ってみていました。
なんだか視界が狭いんですよね。背景にせよ、話の盛り上がりにせよw

オチは解っていたけど・・・

ネタとしての結末は誰もが知っているこのエピソード6なんですよね。

「アナキン・スカイウォーカーが暗黒面に落ちる」
「ダース・ベイダーになる」

一番盛り上がるんだろうな~、と思って見てました。。。

でも何だかサラっとした表現で終っちゃったw
ずいぶんカンタンに決断させちゃうんですね~。迷っているそぶりもほとんど無かったしw

そしてパドメもアッサリしてました。
宇宙を転覆させるくらいの謀反を行い、さらには女子供まで手にかけたアナキンに対して、

「ちょっと信じられない・・・」

程度にしか感じないような動揺に見えました。
いやいや、ぶっ殺すくらいしろよ、自分で自分を殺すくらいしろよ、せめて号泣くらいしろよ・・・
そんな思いばかりでしたが、公開当時の人たちの感想はどうだったんでしょうかね。

さらにそんなパドメに対して、アナキンも容赦なく首を絞めたりw
ちょっととココ、なんなんでしょうか・・・このシーンだけでこれまでをだいぶ無意味にしちゃったような気がしましたが・・・。

ルークとレイア誕生で上手くまとまりました

ルークとレイア誕生で、たしかにエピソード4に繋がりますね!

さらにここまでの話をR2D2もC3POも、ほぼ知っているということだったとはw

この映画を見ているとルークとアナキンが主人公なのではあるのでしょうが、人気が出た理由のほとんどはやっぱりこの2人のおかげなんでしょうねw
この2体のドロイドがあまりにも世界観の中で異質というか、この面白さがあったから世界観にものすごい幅が出来ているんですね。
きっとこの2人がこんなにユーモラスじゃなかったら、スターウォーズもよくある程度の名作だったのでしょう・・・。

で、このエピソード3のこの結末、ルークとレイアが誕生してストーリーがループするところまでがジョージ・ルーカスの構想だったんですね。
今になってから見るとやはり時代は感じますが、特にエピソード4~6が後世にものすごい影響を残したのは私でも理解できます。

で、たぶんですけどエピソード1~3はファンにとってもまぁ普通の出来だったんだろうなw
というのも想像できますw

次作からのジョージ・ルーカス離れが気になる!

これですね!
上でも言いましたけど、エピソード4~6は神がかっていた出来でしたが、エピソード1~3は技術に頼っただけど凡作・・・そんな印象でした。
wikiを読んでみて知ったのですが、この次のエピソード7と8においてはいよいよジョージ・ルーカスが監督を行っておらず、ディズニーの製作下での作品に変わっていっているんですね。だからツムツムに出てきてたのかw

エピソード1~3が私にとってはあまり面白くなかったので・・・(どちらかというとつまらなかった)
製作体制が変わった、エピソード7~が逆に興味がわきますw

CGもそろそろツヤツヤとテカりを求められない時代になっているハズだし、やっぱりジョージ・ルーカスはエピソード1~3を見る限り・・・もう限界だったような気がします。なんか古いというか、情熱が消えているというか、ガンコになっただけと言うかw

さっそくそんなこんなで作風が一新されているであろうエピソード7・・・このまま引き続いて見てみます!
ちょっと楽しみだな(*´ω`*)EP1~3では感じなかったワクワク感ですw

-スターウォーズ
-

Copyright© にゃんぐりらTIMES , 2019 All Rights Reserved.