Youtube連動 海外ドラマ情報

にゃんぐりらTIMES

フィアーザウォーキングデッドシーズン4

遅かったけどいよいよモーガンが主役に!… 第11話感想 フィアーザウォーキングデッド シーズン4

更新日:

こんにちは!ぱんちょです。
11話を見たのですが、これにて過去の負の遺産が無くなったような印象になりました!
ようやくモーガンがちゃんと主役している。
謎の途中フェードアウトが無くなって、ずっと画面の中にいる状態にようやくなりました。

でも、もう11話なんですよw
11/16話ですよwww

なかなか大変な掃除でしたね。
とはいえ、アリシア・ルシアナ・ヴィクターの3人はまだ存在しているので全てが入れ替わったわけではないのです。
この3人もどこかでカンタンに退場しそうな雰囲気でここまで来ましたが、後始末回を乗り切ったということはこの3人はもしかして今後も生き残るのかな?
そんなことばかり考えてしまいますが、11話の感想をまず述べてみますね。

気づいたらミシシッピにいたモーガン・・・

嵐の中に止まっていたトラックのコンテナに潜り込んで嵐を回避していたモーガン。
中で寝てしまったのか、起きたらミシシッピまで来ていた・・・。

・・・って、元々居たと思われるテキサスとミシシッピは隣接しているとはいえ相当な距離でしょう。
なんかこんな無理矢理な理由で他のみんなと散り散りになってしまい、もう誰が何を目的に活動しているのかすらよくわからない展開に。
本当にこのドラマはどこを目指しているのだろう・・・。

とはいえ、そのミシシッピで出会った2人がまたちょっと個性的です。
車イスに乗る警戒心の強い黒人のウェンデルと、なんかものすごく見た目がジューン(ローラ(ナオミ))にそっくりな白人のサラ。
サラはウェンデルと双子だと言い張ってますが、まったく似ていない。。。それに双子であることに何にも意味が無さそう・・・。
さらにビール職人であるジムも加わり、なかなか楽しげなパーティが完成してます。

もう本当に何か先を考えてストーリーを考えているのか?
すべてが思いつきのような展開で進んで行くのでついて行くのが大変ですが、それでもこの11話はいいですね。
だってモーガンがずっと主役なんですもの。
ようやく本編開始って感じです。

車の上に放置されるモーガン・・・

これもようやく出てきた面白いシチュエーションですね。
手をヒモで結ばれているので自動車の屋根の上で孤立させられます。

なんかこんな展開って本家ウォーキングデッドの初期の頃にはよくあったな~。
グレンが囲まれた時は本当にもうグレンは死んじゃったと思いましたよね。
ウォーカーに囲まれて、身動きが取れずに絶対絶命。
でも今ではこういう場面でキャラが絶対死ぬわけがない・・・と思えてしまうのが辛いところですね。

この部分はこういうカットを撮影してみて、自分たち製作スタッフとしてもハッキリと解るんでしょうね。
もう何やっても緊張感が無い・・・どうしよう・・・みたいな。

緊張感が出てこない原因はこれでは・・・?

私が思うに、死なないことへの慣れだけじゃないと思います。
このフィアーだけでなくこれは本家にも言えることなのですが、大きな目標がドラマの中から消失しているのが原因なんだと思ってます。
大きな目標があって、そこに向けて突き進んでいる途中なのであれば、こういったシーンでも主要キャラであっても十分に死ぬ可能性を感じるんですよね。

このフィアー4期はモーガンが何を目的に西へ西へと進んだのか?が最初はミステリアスだったのですが、ここにきてそれはあまり意図が無くてモーガンのいつもの謎行動なだけだったわけですよね。それがわかってしまってからは。本当に見ていて辛い。
で、さらに言うとこの11話でモーガンはもう皆を連れてアレクサンドリアに帰ろうとしちゃっているだけなのですから。

なんなんだこのストーリー展開はw
ちょっと大がかりなモーガンのお散歩なだけだったんじゃないか・・・。

今が11話ですから、あと5話でシーズン4も終了ですよね。
ここから何か目的が生まれるのか・・・。
ここから次シーズンへ繋げそうな何かが見えてくるのか・・・。

ちょっと嫌な予感をカンジながら、次の12話と楽しみにしたいと思います。
うーんモーガン、あなたはいったい何なのか・・・。

最新
フィアーザウォーキングデッドシーズン5 日本での放送はいつから? シーズン1~4の視聴方法は?

こんにちは!ぱんちょです。 Contents1 シーズン5前半(8話まで)がいよいよ日本でも配信開始しています!2 Amazonプライムビデオの状況 ※シーズン5配信開始してます!3 本家とはなんだか ...

続きを見る

-フィアーザウォーキングデッドシーズン4
-, ,

Copyright© にゃんぐりらTIMES , 2019 All Rights Reserved.